一般小児科とは

一般小児科のイメージ写真

高校生(15歳まで)までの未成年を対象にした診療科になります。
日本小児科学会認定の小児科専門医である院長およびその他小児科医が担当します。

以下のような症状がみられるのであれば、一度ご受診ください

  • 発熱
  • 鼻水・鼻づまり
  • せき(咳)・痰
  • 喉の痛み
  • ぜーぜーする
  • ひきつけ(痙攣)
  • お腹が痛い
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 湿疹(ブツブツ)
  • 肌のカサつき
  • 機嫌が悪い
  • 泣き方がいつもと違う
  • 何となく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • おねしょ(夜尿症) など

小児科一般で取り扱う主な疾患

  • 風邪症候群
  • 突発性発疹
  • インフルエンザ
  • 急性中耳炎
  • ヘルパンギーナ
  • 咽頭結膜熱(プール熱)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 扁桃炎
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹
  • 手足口病
  • 溶連菌感染症
  • りんご病(伝染性紅斑)
  • 水いぼ(伝染性軟属腫)
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • ウイルス性胃腸炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支ぜんそく
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • おむつかぶれ
  • あせも
  • 細気管支炎
  • 肺炎
  • 鼠経ヘルニア など

なお診察の結果、入院加療、高度な医療機器による検査や治療が必要と医師が判断した場合、当院と提携している医療機関(総合病院 等)を紹介いたします。

迅速検査一覧

迅速検査は、短時間で簡単に検査結果をご確認いただけますので、検査結果をお急ぎの方におすすめの検査となります。
当院で行っている検査は以下になります。

  • A型・B型インフルエンザ
  • コロナウイル
  • RSウイルス
  • 溶連菌感染症
  • アデノウイルス